コンタクトレンズ 処方箋なし 病気

コンタクトレンズ 処方箋なしTOP >

目の疲れによってもたらされる病気についてのご質問/ご返答


「目の疲れによってもたらされる病気ってありますか?」

目の疲れによって起こる病気は、様々なものがあります。その1つが調節不全と呼ばれる、疲れ目から生じる症状です。調節不全になると、スムーズにピントを合わせることが困難となってしまいます。

ピントを合わせづらくなると、読み書きの後に遠くに焦点を合わせられなくなる、読書がしづらくなるといったことが頻繁に起こるようになります。この病気は老眼になりそうなタイミングで、起こりやすいとされています。

目を酷使したことでピントを合わせるための器官が疲れてしまい、機能低下を起こしたからだと言われていますが、この器官は自律神経によってコントロールされています。そのため、体調や精神的なストレスなどとは無関係と言えないのです。

中心性網膜結膜炎という病気も、目の疲れによって引き起こされます。この病気も、精神的なストレスや体調などと密接な関係があると考えられています。

この病気は、目の奥にある脈絡膜や網膜に炎症が発生するというものです。こういった病気になりやすいのは、常に時間に追われているテレビ局勤務の人、仕事で重要な役割を任されている人が多いとされています。

また、目の疲れによって緑内障が引き起こされることもあります。緑内障は眼圧が上がって視神経に痛みを伴うようになるという病気ですが、症状が改善していたのに目が疲れることによって再発することもあるようです。目の疲れと眼圧のコントロールも、切り離せない関係にあると言えるでしょう。


使い捨てコンタクトレンズ 処方箋なし おすすめランキング トップページに戻る